デビットカードのポイントと還元率についての話

クレジットカード選びでは、ポイントの還元率がどれくらいかが非常に重視されます。ポイントが貯まりやすいポイントが好まれる傾向がありますが、デビットカードでもポイント還元率は非常に重要な要素です。

まず、残念なことにデビットカードのポイント還元率は、クレジットカードと比べると低い傾向があります。そのため、単純にお得さを重視するならクレジットカードにはかなわないものの、デビットカードは預金の範囲内で安心して使えて、なおかつある程度のポイント還元も期待できるのが魅力です。ポイント還元に関してはデビットカードごとに様々で、そもそも付与されるポイントもばらばらです。たとえば、楽天銀行が手がけている楽天銀行デビットカードJCBの場合は楽天スーパーポイントが付与されます。ポイントの違いはあるものの、基本的な使い方はそれほど変わらず、ポイントをそのまま円に換算して買い物に使うのが基本です。中には、キャッシュバックで銀行口座に現金が戻ってくるタイプのデビットカードもあります。いずれにしても、ポイント還元率は高く設定されているのが理想ですが、ポイント還元率は全体的に似た数字に設定されており、突出してはいません。

まず、ポイント還元率と年会費はあまり関係がなく、具体例を挙げると楽天銀行のVISAのデビットカードの場合、年会費がかかるデビットカードも無料のものもポイント還元率は同じです。年会費がかかるデビットカードの場合、保険などの分野で優れているものの、ポイント還元率を重視するのであれば年会費無料のデビットカードでも十分に役立ってくれます。先に書いたように、全体的なポイント還元率にそう大きな差はないものの、シチュエーションを限定することでポイント還元率を上げているデビットカードが多く、代表的なのは特定のお店で買い物をするとポイントが貯まりやすいというものです。セブン銀行のデビットカードの場合、セブン&アイグループのお店やセブンイレブンでの買い物ならポイント還元率が上がるといった具合です。他には、ソニー銀行のデビットカードでは優待プログラムによってポイント還元率が変動するというシステムを採用しており、ステージが上がると日々の買い物でも多くのポイント還元を受けられます。このように、デビットカードはそれぞれ独自のポイント還元システムを採用しているため、どれが自分に合っているかをよく比較検討するのがポイントです。各デビットカードのポイント還元率が上がるお店をどのくらい利用しているか、デビットカードにあわせて買い物をするお店を変えるのはありかなど、自分のライフスタイルとも相談してデビットカードを選んでください。

デビットカード比較プロ
デビットカード比較プロは、デビットカード、visaデビットカードを比較!ポイント、審査、年会費、手数料、申し込み方法、口コミ、海外利用など様々な視点からデビットカードを比較しています。

ポイント還元率は重要な要素ではあるものの、最優先に考えるべきかどうかは人によって異なります。クレジットカードを持った上でサブの決済手段としてデビットカードを持つのか、それともデビットカードしか持たないのか、これだけでもデビットカード選びに相当の差が出るのです。クレジットカードを持っているのであれば、ポイント還元率の高めなクレジットカードの方が基本的にはお得ですし、デビットカード選びではポイント還元率をさほど気にしなくても大きな問題はありません。海外旅行に行く機会が多く、海外での使用を念頭に置いているなら、保険が充実しているかどうかなど海外での安心感が非常に重要です。このように、状況によって最優先するポイントは変わってきますので、デビットカードに何を求めているのかをじっくりと考えてください。お得にデビットカードを使いたい場合は、自分にとって最も恩恵が大きいデビットカードを選ぶとよいでしょう。

タイトルとURLをコピーしました