デビットカードはなぜ便利?

デビットカードはとても便利!

日本は海外に比べてキャッシュレス決済の普及が遅れているといわれますが、普及の鍵を握るとも言われているのがデビットカードです。クレジットカードとは違う特徴、メリットを持っており、利用する環境によってはクレジットカードよりもずっと便利な面も持ち合わせているからです。

デビットカードが便利な点は幅広い範囲に及びます。まずクレジットカードと違って審査がないのが最大のポイントとして挙げられるでしょう。収入、職業などの事情でクレジットカードが持てない場合でもデビットカードなら問題なく持つことができます。

クレジットカードは後払い式のため信用が重要なポイントになります。安定した収入など支払い能力を証明することができなければ審査をクリアできずにカードを持てないわけです。それに対して銀行口座から引き落とす形で使用するデビットカードの場合はそのように信用は必要ありません。

銀行口座に残高がなければ使うことができないわけですから、信用も必要なく、また口座を持っている人なら誰でも所有・利用することができるのです。

このようにクレジットカードに比べて格段に「持ちやすい」メリットを備えている一方でクレジットカードにも負けない便利さも持ち合わせています。デビットカードにはいくつかの種類がありますが、VISA、マスターカードなどのブランドと提携して発行しているカードなら全国各地の加盟店で利用することができます。

これまでデビットカードの弱点として挙げられていた「利用できる機会が少ない」問題点もこうしたブランドとの提携によって大幅に解消されつつあります。

国内だけではありません。こうした有名ブランドと提携したカードなら海外での買い物にも利用することができます。クレジットカードが持てない人でもキャッシュレスで安心して買い物ができるわけです。じつはアメリカなどの海外ではクレジットカードよりもデビットカードの方が決済方法として普及している例が多く、むしろ日本よりも使い勝手がよい面もあります。

そのほかにもいろいろとある便利な面

クレジットカードとの比較で便利さを挙げてきましたが、それ以外にもさまざまな面で便利なメリットを備えています。銀行口座から引き落とす形で利用するわけですが、その際に手数料などの負担は発生しません。

例えば現金決済をしたくてATMから引き出す場合には時間帯によっては手数料を負担しなければなりません。しかしデビットカードなら引き出す必要がないので無駄な手数料を支払うことなく銀行口座を有効に利用することができるわけです。

また使いすぎを防止できるうえに、残高が不足してしまって使えないといった問題がないのも便利な点です。残高の範囲内でしか使えないわけですから、自分の支払い能力を超えた買い物をする機会もなくなりますし、プリペイド式のカードのようにいざ使うときに残高が不足していて使えなかったといった問題点も少ないのです。どんなときでも自分の経済力の範囲内で使える、これは他のキャッシュレス決済の選択肢にはない便利さでしょう。

プラスアルファのサービスもある

こうした基本的な便利さに加えて各カードごとに用意されたサービスもあります。例えば利用金額に応じてポイントが加算される、海外旅行時にATMで現地通貨を引き出せる、さらに空港やホテルの優待利用が可能など。

こうしたカードごとの便利さ、メリットも視野に入れたうえで自分にあったものを探していくことでますます便利に、安心して利用できるキャッシュレス環境を手に入れることができるでしょう。クレジットカードとの比較や賢い使い分けなども視野に入れたうえで導入を検討してみてはいかがでしょうか。

コメント

タイトルとURLをコピーしました