ゆうちょ銀行のデビットカード「mijica」の特徴

ゆうちょ銀行が発行するデビットカードが「mijica」です。2019年にプリペイドカードから自動チャージ機能付きのデビットカードに変わりました。VISA加盟店であれば全国どこでも使えます。そんなmijicaについて詳しく見ていきましょう。

mijicaはゆうちょ銀行の口座に紐付けられています。口座、スマホアプリ、会員サイト、もしくは銀行ATMから指定額をチャージする仕組みです。ATMからのチャージはメニュー画面からプリペイドカードを選択します。チャージできる金額は1,000円単位です。このようにさまざまな方法でチャージができるmijicaですが、現時点ではクレジットカードからはチャージできません。

デビットカードに進化したmijicaは、紐付けられたゆうちょ銀行の口座から、不足分を自動的にチャージできる機能が搭載されました。このオートチャージ機能はオンとオフが選べるようになっており、オンにするとデビットカード、オフにするとプリペイドカードとして使えます。

また、mijicaにチャージした金額をゆうちょ銀行のATMから引き出すことも可能です。出金手数料はかかりますが、通常プリペイドカードにチャージした金額を再び現金化することはできないため、デビットカードとなって使い勝手が良くなったと言えるでしょう。

mijicaは、海外旅行の際に現地通貨を引き出すのにも使えます。VISAもしくは「Plus」マークのあるATMで、1回10万円、ひと月30万円までという制限内で引き出し可能です。なお、引き出し可能金額の設定は後から変更できます。海外でも現地通貨を引き出せる便利な機能ですが、利用する際は手数料がかかることに注意してください。mijica自体の手数料は1回50円(税別)と安いですが、海外のATMを利用する際、金融機関ごとに別途手数料が必要になることもあるので事前に確認しておきましょう。

実際にmijicaで支払う場合は、クレジットカードと同様に使えます。VISAカードの使える店頭で「クレジットカード払いで」と言えばどこでも対応してくれるでしょう。また、マクドナルドやローソンなどでは、VISAのタッチ決済ができます。タッチ決済とは非接触決済の規格のことで、これを導入している店頭では、端末にmijicaをタッチするだけで支払い完了です。ただし、ガソリンスタンドや高速道路の料金、携帯電話料金の引き落としには対応していません。ご注意ください。

mijicaで支払いをするとポイントが貯まります。セゾンカードと提携しているため、mijicaで買い物した分はセゾンカードの永久不滅ポイントが貯まる仕組みです。2,000円当たり1ポイントが基本で、貯まったポイントは100ポイント500円でmijicaにチャージできます。永久不滅ポイントなので有効期限がないのが良いところです。還元率0.25%は低く思えるかもしれませんが、有効期限を気にせずいつまでも貯め続けることが可能なのは大きな魅力でしょう。

なお、永久不滅ポイントは、現金としてチャージする以外にもさまざまな商品と交換できます。なかでもおすすめの交換先がAmazonギフト券です。mijicaの永久不滅ポイントは1ポイント5円相当ですが、商品と交換する場合、5円以下のレートになることがあります。たとえばTポイントとの交換なら、mijicaの永久不滅ポイント100ポイントでTポイント450ポイントという交換レートです。一方、Amazonギフト券は永久不滅ポイント200ポイントで1000円分と交換できます。少しでもお得に交換したいならAmazonギフト券がおすすめです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました